(一社)建設技能人材機構 JACについて

一般社団法人 建設技能人材機構(JAC)は、慢性的な人材不足を抱える日本の建設業界に、外国人を現場を支える技術者として受け入れ育成するために、平成31年4月に設立された組織です。

主に特定技能外国人の受入れサポート、技能評価試験の実施、職業紹介や環境の整備、さらには受入れ先の企業さまのサポートを行っています。

(一社)建設技能人材機構概要

名称 一般社団法人 建設技能人材機構(JAC)
Japan Association for Construction Human Resources
所在地 〒105-8444 東京都港区虎ノ門三丁目5番1号 虎ノ門37森ビル9階
理事長 三野輪 賢二
設立日 平成31年4月1日
目的 本機構は、総合建設業を営む企業を構成員とする建設業者団体、専門工事業を営む企業を構成員とする建設業者団体等が協力して、建設分野における特定技能外国人(以下「建設分野特定技能外国人」という。)その他の外国人材の適正かつ円滑な受入れ等に関する事業を行うとともに、建設技能者の技能評価その他の建設技能者の確保等に関する事業を行うことにより、建設分野における人材の確保を図り、もって我が国の建設業の健全な発展に資することを目的とする。
事業 1. 建設分野における外国人材の適正かつ円滑な受入れの実現に向けた行動規範の策定及び当該規範の適正な運用
2. 建設分野における外国人材が有する能力を有効に発揮できる環境の整備に関する事業
3. 建設分野特定技能外国人の受入れに関する事業
4. 建設分野特定技能外国人に対する職業紹介事業
5. 建設技能者の技能評価その他の建設技能者の確保等に関する事業
6. 建設技能者の確保等に関する調査研究
7. その他本機構の目的を達成するために必要な事業
定款 定款(PDFファイル)
建設業界共通行動規範 行動規範(PDFファイル)

役員

(令和4年4月1日現在)

理事長
  • 三野輪 賢二(一社)日本型枠工事業協会 会長
  • 専務理事
  • 森下 憲樹 (一社)建設技能人材機構 専務理事
  • 監事
  • 三津間 健 東日本建設業保証(株) 専務取締役
  • 理事
  • 岩田 正吾(公社)全国鉄筋工事業協会 会長
  • 山本 德治(一社)日本建設業連合会 事務総長
  • 椎津 雅夫日本室内装飾事業協同組合連合会 副理事長
  • 小園 文典(一社)情報通信エンジニアリング協会 会長
  • 山﨑 篤男(一社)全国建設業協会 専務理事
  • 増田 博行(一社)日本道路建設業協会 副会長兼専務理事
  • 藤原 健朗(一社)日本電設工業協会 専務理事
  • 清水 武 (一社)日本鳶工業連合会 会長
  • 横山 昌之(一社)日本保温保冷工業協会 専務理事
  • JACロゴマークの意味

    JACのロゴマーク画像

    JACは人と企業、人と人をつなげる仕事をしています

    人と企業、JACの三者が強い信頼関係を築くこと、そしてそれは常に公正・平等であることをマークに込めています。

    「J」と「C」をセンターの「A」が支えるデザインの「JAC」のロゴは、まさにAssociationであるJACが企業と建設技能者を橋渡しする様子を表現しています。そして頭部に位置する丸が等間隔で並ぶことで、平等な関係であることを意味しています。

    JACのロゴは3色のカラーを用いています。
    それは多様性を表しており、それぞれが役割を持って活動していることを表現しています。

    • J グリーン 安全、安心、堅実
    • A ブルー 信頼、冷静、公正、誠実
    • C オレンジ 活気、情熱、親しみ、出会い

    アクセス

    • 〒105-8444 東京都港区虎ノ門三丁目5番1号 虎ノ門37森ビル9階
    • 東京メトロ日比谷線新駅『虎ノ門ヒルズ駅』A1,A2出口徒歩1分
    • 0120-220353