• ホーム
  • Q&A 02. 特定技能外国人になる方法や試験について

Q&A
02. 特定技能外国人になる方法や試験について

技能実習を経験していない外国人は、どうすれば1号特定技能外国人になれますか

技能実習を経験していない外国人が1号特定技能外国人になるためには、技能検定3級の水準に相当する技能評価試験と日本語試験の両方の試験に合格することが必要です。

1号特定技能外国人になるにはどうすればよいですか

技能実習を経験しているか否かで、1号特定技能外国人になる方法が異なります。


1号特定技能外国人になる方法

※詳しくはJAC Webサイトの特定技能外国人制度の概要ページの特定技能外国人になるにはをご確認ください。

技能実習を経験している外国人は、どうすれば1号特定技能外国人になれますか
技能実習2号を良好に修了した外国人については、技能評価試験及び日本語試験が免除されます。このため、試験免除で1号特定技能外国人になることが可能です。 技能実習3号を修了した外国人については、技能実習2号を良好に修了したことを前提としているので、試験免除で1号特定技能外国人になることが可能です。 また、在留資格「特定活動」で就労中の外国人建設就労者についても、技能実習2号を良好に修了したことを前提としているので、試験免除で在留資格「特定活動」から在留資格「特定技能1号」に変更することが可能です。
技能実習2号で修了した職種と異なる職種の特定技能に移行することは可能ですか
国土交通省のホームページに対応表が掲載されておりますので、そちらをご確認ください。
「技能評価試験」とは何ですか
技能評価試験とは、「技能検定3級」又は(一社)建設技能人材機構(JAC)が実施する技能検定3級の水準に相当する「建設分野特定技能1号評価試験」を指します。
特定技能1号評価試験の試験内容はどのようなものですか

試験は、学科試験と実技試験で構成されています。試験水準は技能検定3級相当の水準で、初級の技能者が通常有すべき技能と知識を問うものとなっています。試験範囲等の詳細については、こちらで公表していますので、ご確認ください。

「日本語試験」とは何ですか

日本語試験とは、国際交流基金日本語基礎テスト(実施主体:(独)国際交流基金)又は日本語能力試験N4以上(実施主体:(独)国際交流基金及び(公社)日本国際教育支援協会)を指します。日本語試験の実施時期等の詳細については、それぞれの実施主体にご確認ください。

技能実習2号を修了しましたが、随時3級の試験には不合格となりました。特定技能に移行することは可能ですか。

法務省Webサイトに掲載されている「特定技能外国人の受入れに関する運用要領」(本体)によると、技能実習を行っていたときの実習実施者が、外国人の実習中の出勤状況や技能等の修得状況、生活態度等を記載した評価に関する書面により、技能実習2号を良好に修了したと認めた場合には、特定技能に移行することが可能です。 ただし、特定技能外国人を受入れようとする企業が、当該外国人を技能実習生として受入れていた実習実施者である場合には、原則として、評価調書の提出を省略することができます。

Q&A カテゴリー

ホーム

  • がいこくじんをうけいれるかいしゃ 特定技能外国人受入企業さま
  • しごと/はたらくひとをさがす 無料 求人求職情報
  • しけんをうけたいひと/うけたひと 特定技能1号評価試験 詳しい情報・申込み
  • にっぽんではたらきたいひと 日本で働きたい人
  • JACマガジン

ホーム

  • がいこくじんをうけいれるかいしゃ 特定技能外国人受入企業さま
  • しごと/はたらくひとをさがす 無料 求人求職情報
  • しけんをうけたいひと/うけたひと 特定技能1号評価試験 詳しい情報・申込み
  • にっぽんではたらきたいひと 日本で働きたい人
  • JACマガジン
© 一般社団法人 建設技能人材機構 All rights reserved.